あなたの街にあなたのオフィスをつくりませんか。

無職ではレンタルオフィスを賃貸することはできません

無職では、レンタルオフィスを賃貸することはまずできません。通常、無職といえば無収入を意味するものと解釈できますから、オフィスをレンタルする家主にとっては、仮に入居時の初期費用は取得できるとしても、職のない状態である人から賃貸後の月々の家賃をまともに徴収できる、とは考えられないからです。

賃貸物件のオーナー、特に事業所用物件のオーナーにとっては、月々の家賃収入が確実であるということが賃借人を選ぶ際の最大の目安となるわけですから、現在、職を持っていない人にレンタルオフィスを賃貸することは、相手が懇意の人物であるというような例外でない限り、ないことでしょう。